日本で起業を考えるあなたへ:税理士を雇う驚くべき特典

遅刻しない. ルールに従う. 人や仕事を尊敬する.

この三つのルールは、日本人の世界観や働き方を代表するものかもしれません。この暗黙のルールは、外国人だけでなく日本に生まれ育った人にとっても、完璧にこなすのは難しいものです。この記事を開いて読んでいる外国人のあなたには、さらに難しいことでしょう。馴染みのないルールを沈黙から読み取り、新しい環境に適応しなくてはいけないのですから。そのため、日本で事業を運営している外国人ビジネスマンがどうしようもなく混乱している様子は昔から珍しいものではありません。

外国人ビジネスマンの中でも特に、税金に関わる悩みが多いなのではないかと思います。当然のことですが、税金はどこの国でも一瞬で解決できる問題ではありません。日本に会社を設立し、 日本語が話せない外国人ビジネスマンの場合は、税金の問題を解決するのはさらに複雑です。しかし、どうすればもっと楽になるでしょう?

来日したばかり、右も左も分からずに戸惑っているあなたに、 良い解決策を教えてあげましょう。 そのカギは、税理士という税務のエキスパートの手にあります。

スタートはどこから?

日本市場へ参入してからしばらくすると、自らの国の専門家と日本の専門家との業務担当範囲には微妙な差があることに気づくと思います。

そのため、日本に起業を考えている場合、以下の表を一読すると参考になるでしょう。

j

意外とややこしいでしょう?

この表が意味するところはつまり、会社設立に関わる手続きが必要なときは司法書士に連絡し、経営ビザの申請が必要な場合、行政書士と打ち合わせを別途設定するという現実に直面するということです。非常に面倒です。

また、新規法人を立ち上げると、税務署にも提出する書類があるので、税理士からのアドバイスも求めることになります。

会社を設立したばかりの肝心な時期に、こんなに走り回る暇があると思いますか?

最初の一年目をなんとか抜き出せるように一生懸命頑張っていることで十分忙しいでしょう?

実は、そういう苦労を避けたい方のために、時間やお金を節約する近道があります。それは 早い段階で税理士に接触することです。

英語を話す外国人に特化した弊社の経験として、多くの事業者が、売上が発生した時点で税理士に初めて税理士に連絡する傾向にあります。 これは、大間違いです!

税理士は 、日本で会社を立ち上げたいと思った瞬間に相談すべきエキスパート

では、税理士を雇うメリットと言えば?

ネットワーク. 司法書士であっても行政書士であっても、他の専門家からの助言が必要になった場合、それぞれの担当範囲に詳しい税理士に頼めば、喜んで適切な先生を紹介してくれます。さらに、お願いさえすれば、税理士が仲介に入り、代わりに打ち合わせを設定したり、問題を説明したりしてくれます。

その結果、信頼できる専門家を探す必要がなくなるので、貴重な時間が節約できるということになります。これによって、会社設立に当たって様々な手続きを効率よく完了させるので、最初から売上を向上させることに集中することができるでしょう。
コスト効率性. 税理士は、書類を認証する権限や会社設立のために電子署名検証システムを使用する許可を所有しており、行政書士の代わりに登記手続きも遂行することができます。また、自分の力で会社を設立する場合、 4万円に相当する収入印紙を購入しなければならなりませんが、税理士にはそういう義務がないので、税理士を通して会社を設立する場合、その経費が節約できるという特典があります。
青色届. 会社設立手続きが完了したら、税務署にもいくつかの書類を出す義務があります。その中には、節税対策のために特に重要なのは、「青色届」と一般的に省略される「所得税の青色申告承認申請書」です。会社を設立してすぐに青色届を提出しないと、最初の申告時に65万に相当する税金控除を失ってしまう ことになりかねません。 しかし、司法書士や行政書士がこのような税金に関わる貴重な情報を教えてくれることはないです。税金は単純に彼らの担当業務範囲以外だからです。税理士は、青色届の提出を忘れることがないので、最初の一年目から大幅に節税することが可能です。
翻訳. 日本では、銀行、税務署、年金事務所などの公的機関においても、いまだに十分な英語によるサービス提供は期待できません。それは、日本語が話せない外国人にとって、生活やビジネスをする際に大きな壁となります。特に、来日したばかりのころ、つらい思いをする方が多いでしょう。そこで、バイリンガル税理士がついていると助かるでしょう。
通訳·翻訳は税理士の職務ではないですが、困ったときに代わりに日本語で電話をしたり、日本語による書類を英語で説明したりすることも頼めるので、非常に便利です。そういうサービスは追加料金がかかることもありますが、日本語による問題があった時に、日本の実情に詳しいバイリンガル専門家がいつもそばにいてくれるという安心感は何よりでしょう。
継続的サポート. 税理士がそばにいることで、総合的なサポートが受けられます。いつでも。どこでも。
社会保険に加入する方法が分からないとき、国民年金の免除に該当するかどうか迷っているときなど、担当税理士に聞くだけで問題が解決できることが多いです。
税理士は、外国人に不思議に思われる日本の商習慣を案内し、あなたが新しい環境にスムーズに適応することを促す、かけがえのない仲間です。

税理士に接触することで、メリットがこんなにたくさんあることを予想もしなかったでしょう?

Indre

I‘m Indre, your tax consultant and translator.

Originally from Lithuania, I’ve been studying Japanese culture and language for more than 10 years. Japan is an extraordinary country that still amazes me every day.

I understand more than most that it isn’t easy for someone from a foreign land to understand the culture and adapt to business here, with or without a grasp on the Japanese language. This is where I come in – I put my skills in different areas to work and take care of your tax so you can stay focused on your best work.

WE'RE

HIRING

TALK TO OUR TEAM

By submitting, you agree to our Privacy Policy and Terms of Use

  • Operating in Japan since 1983
  • Clear communication in the English language
  • No hidden extras and upfront payments

I ended up taking the services of the Otani Accounting Office because their website was great and they had good reviews online.

The OAO team was with me every step of the way, offering advice and tips to make my future tax returns even easier.

As a result, I got a fantastic return, claiming the amounts that I was entitled to.”

Stephen Heller, Project Manager at Mugen Creations LLC

Thank you!
Your message has been successfully sent.

We well get back to you within 1 business day to discuss the details.